toggle
2017-04-19

坐 骨神経痛、足底筋膜炎「寝られない、寝がえりもうてず困っています。」

60代女性Bさん。「お尻、太もも、脹ら脛、 カカトがビリビリして、痛くて夜寝られないです。骨をなおして痛みもとれますか?」
Bさんは自分の悩みをなんとかしたい気持ちで必死です。痛くなって約2ヶ月、毎日の痛みで精神的にまいっているようです。

「Bさん安心してください。全身の骨格を調整していけば悩みもなくなりますよ。」と励ましながら調整スタート。Bさんは中学生の頃、おうちの魚漁手を伝って無理したせいか、大人になって頃には腰椎ヘルニアになったと病院で診断されたそうで す。

身体が大人になりきれてない女子が、足もとの悪い船で網を引いたり、無理した影響が身体に響いたようで、背骨がくねくね捻れてカーブしています。例えるなら、タオルを絞めると、やがて捩じれて縮んでいく、そんな感じの背骨の歪みです。

骨格調整では、このような捻れを 逆まわしするように歪みを解いていきます。Bさんはその後3回の施術では普段の生活にまで回復。

骨格の歪みが脊髄神経を圧迫。坐骨神経痛や足底筋膜炎の要因となってしまいました。40歳を越える頃から身体にこのような痛みが少しづつあらわれる傾向にあります。年が若いほど骨格調整で早い回復が期待できます。

臀部から足のしびれ、カカトの痛みを抱える方は、ぜひご参考ください。

 

pixta_22022871_S

関連記事