toggle
2016-10-18

組体操の上から落下。数十年後、四十肩,五十肩になったYさん。痛かった胸もスッキリ、歩行も安定。

70才男性Yさん。 

Yさん「左腕が上がりにくくてね。心臓も調子よくないんですわ。」

13才のとき、組体操の一番上から落下し、左ヒジを骨折。

そのため、助骨胸椎(胸のあばら骨)がゆがみ、四十肩、五十肩の原因となる。
心臓にも痛みがあり、歩行も安定しない。

私「左ヒジを骨折したとき、左ヒジからの衝撃を受けて、衝撃を吸収するように 
左肩、そして助骨に振動が伝わって、ゆがんでしまったかもしれませんね。」 


・四十肩、五十肩
左側の肩から腕にかけて変形しゆがんでいる骨を、元の位置へ。

・心臓の痛み
脾臓(ひぞう)神経を圧迫していると思われる、胸のあばら骨を調整。

・歩行の不安定
上記2つの施術だけで、足には触れず。


施術後、
左腕が、肩甲骨に手を回せるほどにまで、上がりやすくなり、
痛かった胸もスッキリ、歩行も安定し、まっすぐ歩けるように。


Yさん「あい!足はさわらんかったのに、歩きやすくなってる。」 

私「頭を中心にカラダの軸が安定するように施術すると、直接足をさわらなくても、歩き方が良くなるんですよ。」

Yさん「今日は自転車に乗ってきたけど、歩いて帰って、明日また自転車歩いて取りに来るさー」

四十肩、五十肩でつらかった男性。その後、バンザイまでしてみせて喜びを表現してくれました。


肩こり

 

比嘉進弥

E-mail

南風原、整体、肩こり、腰痛、頭痛、骨盤矯正、骨格矯正、

CORE骨格調整所 (沖縄県島尻郡南風原町)

骨格矯正
Facebook

関連記事