toggle
2016-10-18

「タイムが伸びました!」下半身の強烈な重さに悩まされた水泳選手

「下半身が強烈に重い」20代女性Nさん

先日「下半身が強烈に重い」という、あまり聞かない症状で来院されたNさんは、大学水泳部に所属する平泳ぎの現役選手でした。

カラダをチェックすると、通常の骨盤のゆがみ方とは逆にゆがみ、太ももの付け根の骨も外れるようにゆがんでいました。

おそらく平泳ぎのキックがオーバーワークになっていたものと思われます。

施術で、骨盤と足のゆがみを、じんわりと元の位置になおします。

私「Nさん、今日ゆがみを調整したので、平泳ぎも早くなると思います。ただ足を使いすぎて、太ももの付け根が外れ気味になっていたので、力いっぱいキックするのではなくて、八分くらいの力で泳ぐといいと思います。」

Nさん「そんなことで、早くなるんですか?」

私「今のNさんのカラダの状態を、車にたとえて言うなら、調整してエンジン性能が上がった状態です。アクセル踏み込まなくても加速しますし、燃費もよくなっていますよ。」

Nさんは半信半疑で帰られましたが、後日、

Nさん「施術後、本当にタイムが伸びました。半信半疑だったけど本当にタイムが伸びたので、おおお!!!って思いました。すごい!って思います。」

と、うれしいご報告をいただきました。^^

骨盤調整をすると、だんだん足が軽くなってきます。

伸びたNさんのタイムは、Nさんが本来持っていたタイムだと思います。ゆがんだ腰と足の状態が、Nさんの実力を妨げていたのです。

腰痛がある、ヒザが痛い、よく足がからまって転ぶ、などなど骨盤のバランスが崩れることで起こる不調は、そのバランスを整えることで、本来の足の状態になり、パフォーマンスが向上します。

特にスポーツをなさる方は、ゆがんだままのカラダでは、十分なパフォーマンスを発揮できません。
痛みや不調を感じたら、無理して続けず、ご相談ください。

その他

関連記事

    関連記事はありません